好奇心を刺激する情報配信 PIATA-JAPAN

不思議科学、UFO、オカルト、超自然的好奇心を刺激する情報配信 PIATA-JAPAN

Amazon CEO ジェフ・ベゾス氏が「ベゾス・アース・ファンド」気候変動対策基金を設立

前回、ジェフ・ベゾスはなぜ月を目指すのか?をご紹介致しました。

世界一の富豪として知られるアマゾンCEOのジェフ・ベゾス 氏が 新たに立ち上げたファンドの「ベゾス・アース・ファンド(Bezos Earth Fund)」に寄付すると宣言しました。

ジェフ・ベゾス氏が1.1兆円の気候変動対策基金を設立

世界で最も富裕な人間の1人であるAmazonのファウンダーJeff Bezos(ジェフ・ベゾス)氏が、気候変動問題に取り組むために100億ドル(約1兆1000億円)の基金設立を、世界最大のソーシャルメディアプラットフォームの1つInstagramで発表した。

米国時間2月17日朝の投稿でベゾス氏は、Bezos Earth Fund(ベゾス・アース基金)が「科学者や活動家、NGOなどの自然を守り、保護するための真剣な取り組み」に資金を提供すると明らかにした 。

ベゾス氏はすでにBreakthrough Energy Venturesに出資している。これは、気候変動を抑制し、化石燃料の使用やエネルギー生産、食糧生産、製造などの産業分野での二酸化炭素排出量を減らすテクノロジーの開発に資金を提供することをミッションとしているファンドだ。

新しい基金がAmazonと関係するのかについては触れられていない。同社の広報によると、資金はベゾス氏の個人資産から出されており、ベゾス氏がすでに設立している基金とは別のものとなる。

https://jp.techcrunch.com/2020/02/18/2020-02-17-jeff-bezos-announced-a-10-billion-fund-to-fight-climate-change/

ジェフ・ベゾス氏が温暖化対策基金設立 まずは100億ドルの助成金から

米Amazon.comの創業者で世界長者番付1位のジェフ・ベゾス氏は2月17日(現地時間)、地球温暖化対策のための基金「Bezos Earth Fund」の設立を自身のInstagramで発表した。まずは今夏に100億ドル(約1兆1000万円)の助成金を活動家やNGOに支給する。

同氏は「気候変動は地球にとって最大の脅威だ。私は気候変動と戦う新たな方法を探すために人々と協力していきたい」と語り、企業や国家、国際組織などに「共に地球を守ろう」と呼び掛けた。

Amazon.comも企業として温暖化対策を発表しているが、同社の従業員有志は対策が不十分だとして署名運動を展開している。

https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2002/18/news052.html

ジェフ・ベゾス、気候変動対策基金を設立…総資産の7.7%、100億ドルを投じて

ジェフ・ベゾスが気候変動と戦うために100億ドルを投じ、「ベゾス・アース・ファンド」という新たな取り組みを開始すると述べた。

「我々は地球を救うことができる」とベゾスはインスタグラムの投稿で述べた。「大企業、中小企業、国家、国際的組織、そして個人が協力し、行動する必要がある」

世界で最も裕福なベゾスの純資産は、推定1300億ドル(約14兆2600億円)。誓約した100億ドルは、その約7.7%だ。

ジェフ・ベゾス(Jeff Bezos)が2月17日(現地時間)、100億ドル(約1兆1000億円)を投じて気候変動と戦うと述べた。

アマゾン(Amazon)のCEOで世界で最も裕福なこの人物は、インスタグラムの投稿で「ベゾス・アース・ファンド(Bezos Earth Fund)」の設立を発表した。この基金からの資金の提供は今年の夏に開始する予定だという。

彼の純資産は推定で1300億ドルなので、基金に投じられる資金はその 資産の約7.7%に相当する。

「気候変動は地球にとって最大の脅威」とベゾスは述べた。

「皆とともに、皆で共有するこの地球に気候変動が与える壊滅的な影響と戦うため、既存の方法を拡大し、新たな方法も見つけたい」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200219-00000005-binsider-int

アマゾンのベゾス氏、気候変動対策で1兆円規模の基金設立

サンフランシスコ(CNN Business) 米アマゾンの最高経営責任者(CEO)で世界トップクラスの大富豪、ジェフ・ベゾス氏が17日、気候変動対策に取り組む科学者や活動家、組織を支援するための基金「ベゾス・アース・ファンド」を設立すると発表した。

ベゾス氏はインスタグラムへの投稿で、基金設立のために100億ドル(約1兆1000億円)を出資すると表明した。この額は約1300億ドルに上る同氏の総資産の約8%に相当する。基金は今年の夏から助成金の支給を開始する。

ベゾス氏は投稿の中で、「気候変動は地球にとって最大の脅威だ」と指摘。その「壊滅的な影響」に立ち向かう既知の方法を強化し、未知の方法を探ることが目標だと述べた。

アマゾンでは昨年5月、ベゾス氏に気候変動問題への取り組みを求める書簡に数千人の従業員が署名。9月にはストライキも実施された。

同社はそのストの前日、2040年までに二酸化炭素(CO2)排出量を実質ゼロにする計画を発表していた。

ストを主催した従業員団体は17日の声明で、ベゾス氏の発表を歓迎する一方、「片方の手で奪っているものをもう片方の手で与えようとしても無理だ」と批判。同社に対し、石油ガス会社と提携したり、地球温暖化を否定するシンクタンクに出資したりする姿勢を改めるべきだと訴えた。

https://www.cnn.co.jp/business/35149547.html

ゲイツと19人のリーダーが1,000億円超のVC設立、目的は「温室効果ガスの削減」

ビル・ゲイツ、ジェフ・ベゾス、ジャック・マー、孫正義。世界のテック業界を率いる20人が、気候変動に取り組む企業に投資をするためのファンドを設立した。今後20年で、10億ドル(約1,170億円)の資金をつぎ込むという。

ビル・ゲイツと、投資家・テクノロジー業界のリーダー19人は、今後20年にわたり、新たに設立された基金に10億ドル以上を注ぎ込んで、気候変動をめぐる問題の解決を目指していくと発表した。

「Breakthrough Energy Ventures」(ブレイクスルー・エナジー・ヴェンチャーズ)と名づけられた基金が投資を行うのは、「温室効果ガスの排出を最低でも5億トン減らす」ことに取り組む技術と、「すでに科学的な概念実証が行なわれている」技術だ。

同基金には、中国・アリババ創業者のジャック・マー、ヴァージン・グループ会長のリチャード・ブランソン、アマゾンのジェフ・ベゾス、ソフトバンクグループの孫正義なども名を連ねている。同基金に資金提供している20人の資産総額はおよそ1,700億ドルに上るとみられている。

2016年12月12日に正式発足したが、実際の投資開始は2017年に入ってからとなる。

ブレイクスルー・エナジー・ヴェンチャーズの最大の目標は、温室効果ガスの排出を削減できる技術の開発だ。ゲイツは声明のなかで、「この基金のゴールは、信頼性があり、手ごろな料金で利用でき、温室効果ガスを一切排出しない次世代のエネルギーを世界に提供する企業をつくり上げることだ」と述べている。

ビジネスニュースサイト『Quartz』の記事によれば、同基金の会長を務めるゲイツは、どういった企業に投資するかについては「柔軟に」考えたいと話しているという。「普通は、5,000万ドルを投資して2年待てば結果が出ると考えだろう。しかし、このエネルギー分野にはそれがまったく当てはまらないからだ」

同基金は、2015年11月に設立が発表(日本語版記事)された「ブレイクスルー・エナジー・コアリション」に続くものだ。こちらの基金は、個人投資家の精鋭グループによって立ち上げられており、フェイスブックのファウンダー、マーク・ザッカーバーグの夫妻もそのなかに含まれている。

このほど設立された基金と同様、ブレイクスルー・エナジー・コアリションも、政府、研究グループ、投資家をつなぐ橋渡し役を目指している。

https://wired.jp/2016/12/15/breakthrough-energy-ventures/